保険サービスに魅力を感じて三井住友VISAカードを申し込まれる人多いかと思いますが、カードが手元に届いたものの保険の申し込み方法がわからないとの質問をよく頂きます。

今回はポケット保険(個人賠償責任保険)の詳しい申込手順について紹介するので、加入方法がわからない方はご参考にしてください。

 

※このページでは一般的なポケット保険の加入手順について解説していますが、補償内容や契約の詳細については申し込みの過程で表示される説明や注意書き等をよく読んでご契約ください。

VPASSへ登録

ポケット保険の申し込みは三井住友VISAカードの会員専用サイト「VPASS」から行うため、VPASSに登録していない方はまず登録を先にして会員IDを取得してください。

 

登録はコチラ

 

登録が済んだらVPASSへログインしてください。

保険メニューの表示

三井住友VISAカード 保険ページへのアクセス方法

「カードサービス」から「保険サービス」を選択してください。

保険メニューからポケット保険を選択

続いて「ポケット保険」の「詳細をみる」を選択します。

ポケット保険とは三井住友VISAカード会員向けの保険の名称です。

ポケット保険の新規申し込み

お申し込み方法より、「ポケット保険の新規お申し込み」に進みます。

既にポケット保険に加入していて内容を変更する方は「紹介・お手続きはこちら」へ進んでください。

加入コースの選択

自由設計コースの選択

続いて加入コースを選択します。

個人賠償責任保険加入が目的の方で、余計な保険が不要な方は一番下の「自由設計コース」へと進んでください。

ポケット保険 自由設計コース -月々40円より-|クレジットカードの三井住友VISAカード

ここがわかりづらい点かと思うのですが、個人賠償責任保険単体では加入ができず、ポケット保険の障害入院保険+オプションで個人賠償責任を付帯させます。

この画面では傷害入院しか表示されていませんが、そのまま「お申し込みはこちら」へと進んでください。

ログイン画面

再度VPASSのログイン画面が表示されるので、取得したVPASSのログイン情報を入力してログインしてください。

カードの確認

手元のカードに記載されている情報を入力して、ログインカードを確認します。

ポケット保険サービス内容の確認

サービス内容を確認し、「同意する」を選択します。

保険内容の選択

加入する保険についての詳細を選択してきます。

補償開始日の選択

補償開始日の選択

特に事情がない限り標準で選択されている翌日で問題ないと思われますが、保険料は日割りされないので、月末の場合は月初にしたほうが良いかもしれません。

(事故が起きてしまってからでは遅いですし、少額なので最短の開始をオススメしますが。)

保証内容の選択

申込内容の選択

基本トレイの補償は必須のため、何かしら選択が必要です。

標準で選択されている「傷害入院のみ補償」が最安ですので、個人賠償責任保険目当ての方はそのままにしてオプションから「個人賠償責任」を選択します。

個人賠償責任は1億、2億、3億から選択でき、月額は100円、110円、120円です。

1億あれば十分かと思いますが、+20円を20年払っても4,800円です。

得られる安心を考えれば安いものですよね。

 

内容選択後は必ず「保険料を計算する」ボタンを押してください。

合計金額が160円になる

本人型の合計金額が160円(個人賠償責任が3億の場合)になっていれば大丈夫ですので、次にすすみます。

保険料払込方法の選択

支払いカードの確認

複数の三井住友VISAカードを持っている人でも無い限り、手元のカード番号の一部が表示されているはずです。

ちなみに三井住友VISAカード会員専用の保険のため、他のカードは選択できませんし、カードを解約すると保険も自動的に解約となります。

家族型を選択

個人賠償責任加入が目的の方は保険料の安い本人型の選択で問題ありません。

個人賠償責任補償は本人が加入すれば家族全員が補償されます。

 

以下特に注意事項等はありませんので、画面の案内に従って申し込みを進めてください。