dカードゴールド

dカードGOLDのケータイ補償は家族カードでも補償の対象となるのか?

年会費が高いだけに、無料で発行できる家族カードでもケータイ補償が適用されるのかは重要な判断材料ですよね。

今回は家族カードでのケータイ補償適用可否と、家族カードでdカードGOLDケータイ補償を利用する場合の注意事項について紹介します。

 

※注意事項のほうが大事だったりします。これからカードを作る方は良く読んでください。

家族カードでもケータイ補償が適用される

dカードケータイ補償の案内ページの補償の対象者を見ると

補償の対象者 dカード(dカードまたはdカード GOLD)をご契約中の本人会員様・家族会員様

dカードケータイ補償の案内ページより

このように家族会員も対象となっているので、家族カードでもケータイ補償の適用を受ける事が可能。

つまり、dカードGOLDは家族カードが一枚無料で発行できるので、年会費の範囲で2台の端末にケータイ補償をつける事ができます。

念のため電話でも確認したので間違いありません。

家族カードでのケータイ補償適用の注意点

家族カードでのケータイ補償には恐らく殆どの人が陥る罠がありますので、カードの申込みを検討している人はご注意ください。

 

dカードケータイ補償は家族カードでも適用できますが、家族カードを作成しただけでは補償が適用されません。

家族カードは発行後にdポイントカード利用登録が必要です。

この登録手続きをしないとケータイ補償だけで無く、dカードGOLDの大きなメリットの通信費の10%還元も受けられないので、家族カードが手元に届いたら必ず利用登録をしましょう。

 

クレ吉は約半年無駄にしました。

ゴールドステージ
dカードGOLDを作って約半年 家族カードを作ったのにポイントのステージがゴールドではなくレギュラーとなっていることに気が付きました。 レギュラーステージのままでは10%...

dカードGOLDでお得な気になっても、特典を受けられていないのでは本末転倒です。

これからカードを作る方はスケジュールに登録するなりして、dポイントカード利用登録を忘れないようにしましょう。

端末2台分の補償が付くと思えば年会費にも納得

dカードGOLDの年会費を高く感じる方もいると思いますが、ケータイ補償2台分+通信費10%還元特典を考えれば決して高い年会費では無いのでしょうか?

ケータイ補償にもデメリットはあるので絶対にdカードケータイ補償がお得とは言いませんが、少なくともクレ吉は夫婦でドコモの有償の補償は解約してdカードケータイ補償に切り替えました。

保険の類は安心材料ではありますが、使わなければただの出費です。

ご自身の利用状況を考えながらうまく利用しましょう。