台湾レンタルWIFI

 

先月台湾に行った際にレンタルWIFIを借りたカードマニアのクレ吉です!こんにちわー

 

海外渡航の際のスマホのネット接続は今や必須かと思いますが、キャリアの海外データ通信は高すぎて使えたものではありませんよね!

 

ってな訳で海外レンタルWIFIを検討される方も多いと思いますが、旅行慣れしている人でもない限りどこの業者が良いのかわからないかと思います。

 

  • 眉毛の太い芸人がCMしているあの業者?
  • ネットで検索すると出て来る現地台湾の怪しい業者?
  • 航空大手の子会社が空港で提供しているサービスが安心?

 

今回はクレ吉自身の経験から台湾で使えるオススメのレンタルWIFIと安くレンタルする方法を紹介しますので、これから台湾を訪れる方は是非参考に!

オススメはGLOBAL WIFI

いきなり結論から紹介しますが、台湾のWIFIならkakaku.com経由で4travel GLOBAL WIFIがオススメです。

 

理由はなんといってもレンタル費用の安さ!

 

細かい値段は変わるかもしれないので具体的には書きませんが、1日のレンタル代金は400円ちょっと~

 

恐らく国内の台湾で使えるレンタルWIFI業者では最安かと思います。

実際にレンタルしてみました

本当に手軽にレンタル&使用できるので、オススメですよー

空港カウンターで受け取り

空港でレンタルWIFI受け取り

 

事前に予約していたので、空港の出発階で受け取るだけ。

 

今回利用した関空の場合Aカウンター横で受け取れます。

 

レンタルWIFI受け取り

 

受け取りに1分もかかりませんでした!

国内では電源を入れない

本来なら即動作の確認をしたい所ですが、日本でデータ通信してしまうと追加料金が発生するそうなので、国内では電源を入れてはいけません。

手荷物で持ち込むこと

WIFIルーターはリチウムイオン電池を内蔵しているため、預け荷物に入れてはいけません。

 

必ず手荷物で持ち込みましょう。

 

誤って預け荷物に入れた場合、最悪勝手に処分なんて事もあり得るので気をつけてください。

 

※万が一意図せず本体を失うような事態になった場合に旅行保険の備えはしておきましょう。

台湾到着後電源投入

到着後レンタルWIFIの電源投入

 

電子機器の使用は着陸後、ベルトサインが消えてからです。

 

台湾で即繋がったレンタルWIFI

 

電源を投入してしばらく待つと勝手に現地ネットに接続されます。

 

この機器は液晶にSSIDやパスワードも表示されるので、接続が本当に楽!

 

異国にも関わらず飛行機を降りる前にはネット接続環境が整いました!

電波状況は良好

今回行ったのは台北ですが滞在中は地上は勿論、地下やMRT車内でも快適に使えたので電波状況は良好。

 

レスポンスも良く、通信状況は極めて快適でした!

帰国の際

行きと同じで帰国の際は

 

  • 台湾で電源を切る
  • 手荷物として持ち込む

 

この2点忘れないようにしましょう。

日本の空港で返却

レンタルWIFI返却

 

以前成田で返却した際は返却ポストに入れるだけでしたが、関空ではカウンターでの手渡しで、一応中身の確認をしていました。

 

と、いった感じで、実際に使ってみた感想としては受取も利用も返却も楽!

 

更に安い!

 

台湾のレンタルWIFIならGLOBAL WIFIオススメですよ!

レンタル費用を安くするポイント

台湾レンタルWIFIの費用を安くしたいのであればレンタル費用が安い業者を利用するというのは当たり前の話しですが、その他に3つ程ポイントがあります。

 

特にレンタルWIFI利用経験の少ない方は要注意ですよ。

余計な物をレンタルしない

レンタルWIFI業者ではオプションとして

 

  • コンセントの変換プラグ
  • 翻訳機
  • iPad
  • 車載充電器
  • モバイルバッテリー

等を有償でレンタルしていますが、本当に必要な物だけをレンタルしましょう。

 

日に数百円と安価ではありますが、勿体無いですよ。

 

 

特にレンタルしそうな人が多いのはモバイルバッテリーですが、必要なら買いましょう。

 

市販の物で大丈夫です。

 

1~3千円も出せばWIFIルーターもスマホも数回充電できる物が手に入りますよ。

 

 

↑ クレ吉が利用しているモバイルバッテリー

 

cheero Power Plus 3 13400mAh

 

日常生活でも使えるので、持っていないのであれば買いましょう。

小容量で十分かも

レンタルWifiは利用できるデータ通信量別に料金が変わりますが、台北なら格安の小容量で十分かもしれません。

 

理由については後で紹介しますね。

保険は旅行保険で備えられる

レンタルWIFIを紛失したり破損した場合、数万円の賠償金が必要になるため、業者は日に数百円の保険を用意しているのですが、この保険は対応した旅行保険に加入していれば不要です!

 

皆さん海外渡航の際は旅行保険に加入していますよね?(もし入っていないのであれば必ず加入を!)

 

オプションで利益をあげたいレンタル業者のホームページのどこを見ても書いていませんが、賠償責任補償でレンタルWIFIの賠償はカバーできますよ。※

 

無駄な保険費用を払うくらいなら滞在費に充ててください!

 

※全ての旅行保険が対応しているとは限りません。加入している旅行保険に賠償責任保険がついており、「レンタル業者からのレンタル品も対象」という旨記載があるかご確認ください。

海外渡航者にはエポスカードはオススメ

旅行保険に入っていない方を含め、海外旅行に行く方にはエポスカードの作成をオススメしますよ!

 

エポスカード

 

エポスカードはクレジットカードなのですが、

 

  • 入会金、年会費一切無し
  • 持っているだけで海外旅行保険が無料で付帯
  • 海外利用や海外キャッシングに強いVISA
  • 両替より海外キャッシングの方が遥かにレートが良い
  • 学生や主婦でも申し込める
  • 今なら入会で最大5,000円分の入会特典

 

このように海外旅行するなら持っていないと損と言っても過言では無いくらいのカードです。

 

何故無料でこんなサービスを提供できるのかと言うと、エポスカードは500万を超える豊富な会員を持っており、クレジット利用手数料が沢山入ってくるからなんですね。

 

両替手数料の高さを考えると、台湾ではカード決済やキャッシングでの利用もオススメしますが、利用せずに家に置いておいても旅行保険は適用されます。

 

エポスカード
エポスカードは財布に入れて持ち歩いているカードマニアのクレ吉です!こんにちわー エポスカードは保有のメリットが大きく、多くの方に自信を持ってオススメできるカードなのです...

 

台湾に限らず、海外旅行をされる方は作っておく事をオススメしますよー

台北の無料WIFIはスゴイ

日本国内でも無料WIFIは普及し始めていますが、台北市内ならレンタルWIFI無しでも大丈夫かも!?

 

と思えるくらい各所に無料のWIFIが飛んでます。

 

  • ホテル
  • 空港
  • 電車
  • 町中各所

 

地図を見ながら歩くようなシーンには向きませんが、立ち止まってちょっと調べ物する程度なら少し歩けば無料のWIFIが見つかります。

 

無料WIFIはセキュリティ等の懸念もありますが、少なくともクレ吉は気ににしていません。

 

最近は暗号化無しで通信される大事なデータなんてほぼ無いので。

 

自前のネット環境無しでは不便なシーンもあるかもしれませんが、無料WIFIを活用すればレンタルWIFIの契約通信料量は少なくて良いと思いますよ。

使い放題のサービスなら

容量気にせず快適にデータ通信をしたい!という場合、海外企業が提供しているレンタルWIFIだと安く済むかもしれません。

 

台湾企業のレンタルWIFI

 

実際にクレ吉が台北で使った事があるのはiVideoというサービスです。

 

少々怪しくも感じましたが、実際に3日間無制限で使って料金は・・・

 

 

僅か547円!!

 

金額的には相当なメリットがありますが、やはり安心という点では国内企業をオススメしますね。

 

 

以上、クレ吉による台湾で使えるレンタルWIFIの紹介でした!

 

旅行で行く方は楽しんできてください!

 

 

↑旅行保険の備えを忘れずに-

台湾両替レート比較2018
先日1年ぶりの台湾に行ってきたカードマニアのクレ吉です!こんにちわー 日本円から台湾ドルへの両替って場所によってレートも違うしどこがオトクなの?と疑問に思いますよね。 ...