税金や光熱費の支払いは極力コンビニ納付書で支払ってJALマイルを貯めているクレ吉です!こんにちわー

 

JMB WAONを作ってJALマイルを貯めたいという方より、↓ こんな質問を頂きました。

モバイルJMB WAONはまだ持っていないのですが、作って、JMB WAONとの利用で、それぞれ限度額50,000円の合計100,000円は使えますか?
モバイルJMB WAONとJMB WAONは、同じ名義人だと、限度額も、両方のを足した50,000円だと思っていたもので・・・。

税金の支払いなんかだと複数の納付書が一気に届くので、同時に支払いたいですよね。

 

ただ、WAONのチャージ限度額は5万円。

 

5万円を超える納付書が複数ある場合はどのように対応すれば良いのでしょうか?

 

 

今回はJMB WAONで5万円を超える複数の納付書を支払う方法について紹介しますので、JALカードの作成を検討中の方は参考までに!

 

ミニストップ+WAON+税金払いがお得
2016年2月からミニストップでは収納代行の支払いにWAONが使えるようになりました。 これの何が凄いのかというと税金の支払いでJALマイルを貯められるということ。 ...

 

納付書払いでJALマイルを貯める方法を御存知ではない方は↑コチラもどうぞー

WAONのチャージ上限は5万円

まず、WAONにチャージできる上限額は5万円となります。

 

5万円を超える支払いは5万円分のWAON残高+現金併用でしか支払えません。

 

応対するスタッフによってはレジで残高が足りない際に「チャージしますか?」と聞いてきたりする事もありますが、5万円を超える額を更にチャージして支払うことはできません。

日のチャージ回数やチャージ額に制限無し

WAONにチャージできる金額は5万円までですが、1日にWAONにチャージできる回数や、トータルのチャージ回数に制限はありません。

 

つまり、

 

  1. 5万円チャージ
  2. 5万円以上の支払い
  3. 5万円チャージ
  4. 5万円以上の支払い
  5. ・・・

 

こんな感じで1日に何度も繰り返す事に制限はありません。

※繰り返しチャージには後述の注意点があります。

複数の納付書なら会計を別にすれば良い

少し恥ずかしかったりしますが、5万円を超える複数の納付書なら会計を分ける事で効率的に支払いができます。

 

JMB WAON一枚しかないのであれば

 

  1. イオン銀行ATMでチャージ
  2. 支払い 一旦会計終了
  3. イオン銀行ATMでチャージ
  4. 支払い
  5. ・・・

 

といったように繰り返せば複数の納付書でも対応可能です。

JMB WAONとモバイルJMB WAONの残高は別

JMB WAON(カード)とモバイルJMB WAONのWAON番号は別ですので、残高も別です。

 

それぞれ用意すれば事前に5万円+5万円のWAON残高を用意する事ができます。

 

ただし、この2つを合わせて1枚で5万円を超える納付書をWAONで支払う事はできません。

 

あくまで1度の決済で使えるWAON残高は5万円までです。

 

 

事前に2つ用意しておけば会計も多少はスムーズになりますよ。

複数の納付書を支払う方法

決まったやり方は特にありませんが、効率的にマイルを獲得したいクレ吉の支払い方法を紹介します。

納付書の用意

まず、できるだけ効率よくJALマイルを貯める為に1度の支払いは5万円以下になるように納付書を分けます。

 

クレ吉は税金や光熱費等、納付書払いで支払える物は全て納付書にしているので、細々した納付書が結構あります。

 

これらをどのように支払うかを事前によく考えます。(極力5万円以内におさまるように。)

WAONの事前準備

JMB WAONとモバイルJMB WAONを用意できる場合は事前に両方ともチャージして用意しておきましょう。

 

JMB WAONのチャージは基本的にイオン銀行ATMですが、クレ吉はよく納付書払いを利用するので自宅でWAONのクレジットチャージができるPaSoRiを持っています。

 

PaSoRi

 

ソニー非接触ICリーダー/ライターPaSoRi

 

クレ吉は嫁のJALカードも家族カードで発行しているので、

 

  • JMB WAON×2
  • モバイル JMB WAON×2

 

合計で5万円をチャージしたJMB WAONを4つ用意できます。

 

JMB WAONカードはJALマイレージ会員なら誰でも取得できますが、WAONのクレジットチャージに使えるクレジットカードは本人名義のカードのみですのでご注意を。

 

試しに子供名義のJMB WAONカードを作ってみましたが、クレジットチャージはできませんでした。

レジで支払い

会計を複数回に分ける場合は事前に「会計を○回に分けさせてください」と伝えるようにしています。

 

「WAONで支払います」と伝え支払うのですが、5万円を超えている場合はエラーが出ますので、WAONを読み取り端末に置いたまま「不足分は現金で支払います」と伝えます。

 

後はこれの繰り返しです。

 

人が並んでいるようなら会計毎に並び直した方が良いでしょう。

 

 

モバイルJMB WAONはスマホ操作でチャージできるので、複数のWAONを用意しておけば会計しながらチャージして次に備える事も可能です。

 

とりあえず会計の度にチャージは面倒なので、JMB WAONとモバイルJMB WAONの2つは用意しておいたほうが良いと思います。

何度もチャージしているとカードが利用不可になります。

何度も同じクレジットカードでWAONチャージを繰り返すとセキュリティが働いてカードが使えなくなります。

 

そのまま待っていればカード会社から電話が来て事情を話すことにより利用は再開されるのですが、電話が来るまでは時間がかかりますし、夜間の場合は電話が来ないどころか、こちらから電話をする事もできません。

 

という事で連続チャージをする場合は夜間を避けた方が良いでしょう。

 

 

連続チャージによるカードの利用停止を避けたい場合、事前に日を開けてチャージしておくか、連続チャージ前にカード会社に電話をして連続チャージをする旨を伝えておくことです。

 

だいたい日に4回を超えてチャージしたい場合は意識した方がよいと思います。

 

 

 

以上、JMB WAONで5万円を超える複数の納付書を支払う方法の紹介でしたー

 

ちょっとした手間は必要ですが、得られるJALマイルを考えればやる価値あるかも!?

 

ミニストップ+WAON+税金払いがお得
2016年2月からミニストップでは収納代行の支払いにWAONが使えるようになりました。 これの何が凄いのかというと税金の支払いでJALマイルを貯められるということ。 ...

 

いつまでこの手法でマイルを獲得できるかわからないので、やるなら早めがおすすめですよー