そろそろdカードGOLD3年目のクレ吉です!こんにちわー

 

dカードGOLD関連の記事を多く執筆している事もあり、dカードGOLDに関する質問も多く頂くのですが、中でも多い質問がdカードケータイ補償について。

 

つい先日も ↓ こんな質問を頂きました。

dカードGOLDに入っていますが、DoCoMo独自の携帯補償は外しても大丈夫ですか?店員さんからは、外さない方がいいといわれました。

この質問は万人共通の答えが無いので本当に毎回返答に苦労します・・・

 

dカードケータイ補償のデメリットについては既にコチラで紹介していますが、今回は有料の補償を解約して良いのか否かについて紹介しますので、解約を検討中の方は是非参考にどうぞ!

それぞれの補償の違いについて

まずはドコモ(ドコモのケータイ補償 有料)、とdカード(dカードケータイ補償 無料)の違いを把握しましょう。

ドコモのケータイ補償の特徴

  • 月額500円※1
  • 月額費用を払い続ける限り継続可能※2
  • 水濡れ、紛失、全損、故障時に7,500円の負担で新品に交換※3
  • 交換は年に2回まで
  • 1回5,000円を上限に修理代金の補助※4
  • ケータイデータ復旧サービスが1,000円※5

 

docomoのケータイ補償の良い点は軽微な故障であっても年に2回まで7,500円の負担で本体交換ができるということ。

 

修理にも対応していますが、電話申し込みから1~2日で新しい端末が届くので、手間を考えれば殆どの方が交換を選ぶ事でしょう。

 

 

デメリットとしてはやはり費用です。

 

新たに端末を購入する事を考えれば安い費用だとは思いますが、払い続ける必要がある事と、交換時に費用がかかる点を考慮しておきましょう。

 

※1 端末により金額が異なります。ガラケー380円、docomo with対象機種380円

※2 修理可能期間を過ぎた場合、修理は不可

※3 月額330円契約の場合は5,000円、月額380円契約の場合は1回目5,000円、2回目8,000円。交換する端末はリフレッシュ品

※4 月額380円契約の場合は3年のみ。端末毎に定められた修理可能期間を過ぎた端末は修理不可。

※5 月額380円契約の場合は2,000円

dカードケータイ保証の特徴

  • dカードに無料付帯する特典なので、料金は無料
  • 購入から3年以内の端末が対象
  • 水没、紛失、全損時に最大10万円まで代替機の購入費用を補償
  • 補償が受けられるのは年に1回まで
  • 修理は対象外

 

dカードケータイ補償の良い点は月額費用が無料にもかかわらず最大10万円の補償が受けられ、買い替え時の費用負担もゼロ!

 

無料の特典と考えれば非常に素晴らしい補償ですが、修理に対応していないという点は注意が必要です。

修理可能な故障への対応がポイント

どちらかの補償を選ぶとなった場合の比較で最大のポイントはやはり修理可能な故障への対応かと思います。

 

修理可能か、交換となるかについてはドコモ側での判断となりますが、例え10万円の修理費となろうが、修理可能ならdカードケータイ補償は使えません。

 

 

実際に修理費が高額になるのは液晶割れくらいかと思いますが、液晶割れで修理となれば2万円~4万円程度の修理費となります。

 

この場合はドコモの補償に入っておいた方が良かったという結果になる事でしょう。

 

 

ただし、必ずしも液晶割れ=修理可能 というわけではありません。

 

あくまでドコモ側での判断となりますので、一見修理可能に見えても修理不可となる場合も多く、その場合は本体交換でdカードケータイ補償で無料交換となります。

こんな方はドコモの補償をつけた方が無難カモ!?

個人的にドコモの補償を利用した方が良いと思うのは ↓ こんな方々

液晶割れを何度も経験している方

人によっては何度も液晶割れを経験されている方は多いと思います。

 

こんな方は年に2回まで7,500円の負担で即代替機が手に入るドコモのケータイ補償に加入していた方が無難でしょう。

新しい端末を入手した方

発売から時間が経過した端末であれば中古で入手したり、民間の修理業者で安価にて修理という選択肢も出てきますが、新しい端末の場合、故障時にキャリア以外での対応が難しい事もあり、修理費が高額になりがちです。

 

新しい端末の場合はある程度の期間はドコモのケータイ補償に入っておいた方が良いと思います。

こんな方はケータイ補償で十分カモ!?

  • 携帯していなくても不自由しない
  • 通話ができれば十分
  • いざという時は手持ちの古い端末でも構わない

 

こんな方々は今の端末にこだわる理由は無いかと思いますので、年間6千円も払ってドコモの補償に加入する必要は無いかと思います。

リスクの許容範囲次第

どちらの補償が良いのか?という点についての答えはありません。

 

それぞれの特徴を理解して自身で決めてくださいませ。

クレ吉はdカードケータイ補償

クレ吉はdカードGOLD作成後にドコモのケータイ補償は解約しました。

 

  • 1年間の自然故障はメーカー補償で対応できる
  • スマホの故障を殆ど経験した事は無いので、月々の費用がもったいなく感じる
  • ガラスフィルム&蓋付きケース使用で故障のリスクは低減している
  • 無料の補償と考えればdカードケータイ補償は十分過ぎる内容
  • 修理費も3万円くらいまでなら出せる
  • 使っていない古いiPhoneが手元にあるので、最悪それを使えば良い

 

こんな理由でクレ吉はdカードのGOLDのケータイ補償に頼っています。

 

 

ドコモのケータイ補償に加入できるのは端末購入後14日以内で、一度解約した場合に再度加入することはできません。

 

 

解約する際は自身の利用環境や許容できるリスクをよく考えてからにしましょう。