国内線でも航空機遅延費用に対応したクレジットカード

先日台風による条件付き飛行で目的地に到着できるかヒヤヒヤしたカードマニアのクレ吉です!こんにちわー

 

非常に選択肢は少ないですが、国内線の航空機遅延費用補償がついたクレジットカードが存在するのをご存知ですか?

 

今回は国内線の航空機遅延費用に対応したオススメカード3枚を紹介しますので、国内線をよく利用する方は是非参考にどうぞー

MUFGゴールドカード

MUFGゴールドアメックス

 

まず国内線でも航空機遅延費用がつくカードとしてオススメしたいのがMUFGゴールドカードです。

 

  • 国内線航空機遅延費用が利用付帯
  • 国際線航空機遅延費用は付帯しない
  • 初年度年会費無料
  • 翌年以降の年会費1,905円(税抜)
  • 家族カード年会費無料
  • 空港ラウンジは国際線利用時に一部カードラウンジの利用が可

航空機遅延費用の詳細

MUFGカードゴールドに付帯する国内線航空機遅延費用の保険金は下記のとおり

 

保険金上限 保険金の対象
乗継遅延 2万円 宿泊費、食事代
出発遅延・欠航 1万円 食事代
手荷物遅延 1万円 日用品
手荷物紛失 2万円 日用品

 

国内線の遅延に対応しているクレジットカードとしては恐らく最も年会費が安いのがこのMUFGゴールドカードです。

 

月額にして200円にも満たない額で家族カード1枚まで無料!

夫婦で持てば補償額も二人分です!

 

国内旅行や出張が多い方は遅延費用のためだけに作るのもありではないでしょうか?

dカード GOLD

国内線遅延費用に対応したdカードGOLD

 

ドコモ利用者にオススメしたいのはdカード GOLD

 

  • 国内線航空機遅延費用が利用付帯
  • 国際線航空機遅延費用が自動付帯
  • 年会費1万円(年)
  • ドコモ通信費10%ポイント還元
  • ケータイ補償が無料

※航空券を含むパックツアーの費用もしくは航空券代金をdカード GOLDで支払う必要があります。

航空機遅延費用の詳細

dカード GOLDに付帯する国内線航空機遅延費用の保険金は下記のとおり

保険金上限 保険金の対象
乗継遅延 2万円 宿泊費、食事代
出発遅延・欠航 1万円 食事代
手荷物遅延 1万円 日用品
手荷物紛失 2万円 日用品

 

内容としてはMUFGカードGOLDとは同じですが、dカード GOLDは旅行保険以外も特典が非常に充実しているので、ドコモ利用者の方なら要検討ですよ!

 

dカード GOLDの契約が3年目に突入したカードマニアのクレ吉です!こんにちわー 賛否別れるdカード GOLDですが、クレ吉が1年使った感想としてはこれ程コストパフォーマンスの...

JCBゴールド

 

  • 国内線・国際線共に航空機遅延費用が自動付帯
  • 年会費初年度無料(翌年以降10,000円)
  • 家族カード無料

 

航空機遅延費用の詳細

JCB ゴールドカードに付帯する国内線航空機遅延費用の保険金は下記のとおり

保険金上限 保険金の対象
乗継遅延 2万円 宿泊費、食事代
出発遅延・欠航 2万円 食事代
手荷物遅延 2万円 日用品
手荷物紛失 4万円 日用品

 

JCBゴールドの航空機遅延費用の特徴はなんと言っても国際線だけでなく国内線まで自動付帯ということ。

いざ遅延が発生しても 旅費の支払いを忘れて保険の適用が受けられなかった・・・ なんて心配はありません。

 

また、保険金の上限額が大きく、家族カードの発行も無料

 

初年度年会費は無料なので、直近で心配なフライトがある方にはJCBゴールドがオススメですよ!

備えをオススメしたい方

下記にあてはまる方は航空機遅延費用の備えをオススメしますよ。

 

  • 国内線での移動が多い
  • 乗継便をよく利用する
  • LCCをよく利用する
  • 本数が少ない路線を利用する
  • 時期的に悪天候による欠航が心配される

 

特にLCCや本数が少ない路線を利用する方は遅れが発生すると振替便の確保が難しい状態にあります。

必然的に航空機遅延費用のお世話になる確率も高いと思うので、備えをしておいた方が良いかと思いますよー

 

とりあえず国内線用なら初年度年会費無料で翌年以降の年会費も1,905円と安いMUFGゴールドがオススメ!