最近丸井の株を買ったカードマニアのクレ吉です!こんにちわー

 

エポスカードの発行枚数は600万超らしいので利用されている方も多いと思うのですが、エポスカード利用者が丸井グループの株を保有すると通常の株主優待より多くの特典が付くことをご存知ですか?

 

クレ吉も最近まで知らなかったのですが、調べてみると丸井の株は配当的にも株主優待的にも結構な魅力があり、つい先日実際に丸井の株を買ってみましたよ。

 

今回は丸井グループの株主優待の内容と、クレ吉が考える丸井グループ株の魅力を紹介しますので、エポスカードを持っていて投資の余裕がある方は参考までにどうぞ。

丸井グループ株の株主優待は3つ

丸井の株主になると3つの株主優待がもらえます。

買い物券とWEBクーポン

丸井グループの株主は丸井で使える商品券と、丸井のネット通販「マルイウェブチャネル」で使えるWEBクーポンがそれぞれがもらえます。

保有している株式の数によってもらえる額が異なり

保有数 商品券 クーポン
100~499 1,000円 1,000円
500~999 2,000円 2,000円
1,000~4,999 3,000円 3,000円
5,000~10,000 4,000円 4,000円
10,000~ 5,000円 5,000円

↑このように保有数に応じた優待を年に2回もらえます。

 

例えば100株を1年間保有していた場合は商品券とWEBクーポンがそれぞれ2千円分。

合計で年間4,000円相当の株主優待を得ることが可能です。

エポスポイント

商品券とWEBクーポンに加えてエポスカード保有者は年に1度エポスポイントがもらえます!

保有数 普通 ゴールド
100~499 1,000P 2,000P
500~999 2,000P 4,000P
1,000~4,999 3,000P 6,000P
5,000~10,000 4,000P 8,000P
10,000~ 5,000P 10,000P

エポスポイントも保有数に応じたポイント数となっていますが、エポスゴールドカード保有者がもらえるポイントは2倍!

 

エポスポイントはプリペイドチャージすれば1P=1円として使えるのでほぼ現金のような物。

まさかいないとは思いますが、丸井の株を保有していてエポスカードを持っていない人は絶対に損ですよ。

eposcard

もし、そんな人がいましたらエポスカードは年会費永年無料ですので早めに作りましょうね。

 

エポスカードの申し込み

 

これら3つをあわせた年間の優待合計額は下記のとおり。(G)はエポスゴールドカード保有の場合です。

保有数 優待合計 優待合計(G)
100~499 5,000円 6,000円
500~999 10,000円 12,000円
1,000~4,999 15,000円 18,000円
5,000~10,000 20,000円 24,000円
10,000~ 25,000円 30,000円

見ればわかりますが、優待目当で保有するなら100株が一番効率が良いです。

丸井は株主に配当金を出している

丸井は利益の一部を配当金という形でも還元しています。

1株当たり配当
2013年3月 15円
2014年3月 18円
2015年3月 19円
2016年3月 22円
2017年3月 33円
2018年3月 37円(予想)

1株当たりの配当金の推移は上記のようになっており、2018年3月期は1株あたり37円の配当予想となっているので、予想通りなら100株で3,700円(税引前)の配当が得られる事になります。

丸井の株価

執筆時点の丸井の株価は1株1,700円前後

100株購入に必要な資金は約17万円です。

丸井株の購入価格

ちなみに投資素人のクレ吉が購入した価格は1,675円

生涯保有し続けるつもりで購入しているので、購入時期や価格は特に考えずに購入しました。

7/25追記 10%を超える下落

 

今ならクレ吉の購入額より10%もお得に丸井の株が買えますよ!

丸井の株の利回り

まだ購入して日が浅いので仮の話ですが、1年保有して予想通りの配当となった場合の利回りは下記の通り。

配当利回り

  • 取得価格 1,675円×100株=167,500円
  • 配当金 37円×100株=3,700円

配当利回りは2.2%

優待利回り

株主優待を金額換算した利回りです。

  • 取得価格 167,500円
  • 商品券 1,000円×2回=2,000円
  • WEBクーポン 1,000円×2回=2,000円
  • ポイント 2,000P×1回=2,000円

株主優待を金額換算すると6,000円相当となるので、優待利回りは3.6%

※クレ吉はエポスゴールドカード保有なのでエポスポイント2倍です

 

株主優待を金額換算した場合の利回りは合計約5.8%!!

 

仮に株価2,000円で購入して普通のエポスカードしかなくても利回りは約4.4%。

株の購入ということでリスクはありますが、銀行預金と比べたら遥かに高い利回りですね。

商品券とクーポンは売れる

丸井や丸井のネット通販で頻繁に買い物をする人なら商品券やクーポンは有効に使えると思いますが、そうで無い人には不要な金券ですね。

クレ吉も都合よく丸井で買い物をできそうには無いのですが、不要な場合はオークションやフリマアプリ等で売ってしまえば良いと割り切っています。

ヤフオクの取引結果より

メルカリ丸井株主優待

メルカリの取引履歴より

商品券もWEBクーポンもだいたい80%~90%程度の価格で売れているので、不要な場合は無理に使わないで必要としている人に買ってもらいましょう。

エポスポイントの交換先は多数あり

エポスポイントにはたくさんの交換先があります。オススメの交換先は

  • QUOカード
  • VJAギフト
  • 丸井の商品券
  • iTunesギフト
  • AUポイント
  • dポイント

これらへの交換は1対1で可能です。

また、交換率が2対1となってしまいますが、JALとANAのマイルにも交換できるのでマイルを貯めている方は利用しても良いのではないでしょうか。

エポスVISAプリペイド

一手間必要ですが、無料で発行できるエポスVISAプリペイドカードを作るとエポスポイントが1ポイント=1円でチャージでき、プリペイドは期限無しでクレジットカードが使えるお店ならどこでも利用できるのでプリペイドへのチャージもオススメですよ。

 

現金化できない優待を提供している会社も多数ありますが、丸井の株主優待は現金化しやすい点が良いですね!

エポスカードを持っている方は検討してみてもいいカモ!?

株の購入にはリスクがあるので積極的にオススメはしませんが、エポスカードを持っているなら優待が1000円相当~多くなります。

エポスカードを持っていて投資に回す余裕資金がある方は丸井グループ株の保有を検討してみてはいかがでしょうか?

 

もし株式の購入が初めてでこれから証券口座を開くならGMOクリック証券はオススメですよ。

  • 初心者にもわかりやすい
  • 売買手数料が安い(20万円以下の売買に対する手数料は105円)
  • 即時入金サービス利用で入金手数料0
  • 出金手数料0

クレ吉が初めて作った証券口座で、今尚メインで使っています。

 

GMOクリック証券の口座解説はコチラ

丸井グループの経営は大丈夫?

丸井と言うと駅前にある商業施設を誰もが思い浮かべると思いますが、丸井グループの収益の柱はカード事業による手数料です。

 

エポスカードの会員数は600万を超え、豊富な会員数を武器に他社には容易に真似が出来ないほどのカード付帯特典を実現しています。

 

クレ吉は丸井グループの関係者でも無いので確実な事は言えませんが、もし丸井の店舗全てが不採算で閉店したとしてもエポスカードがある限り丸井グループは大丈夫だろうと考えています。

長期保有するつもりで購入

クレ吉は投資のプロでも無いので買った株数は株主優待がもらえて1番効率の良い100株。

100株以上の購入は投資効率が悪化しますし、1社に大きく投資すればリスクも増します。

 

投資のプロ相手に売買で儲けようなんて気はゼロなので、日々の細かい値動きは気にしません。

価値が2倍になっても売りませんし、半分になっても買い増しや損切りする気も無し。

配当や株主優待目当に長期保有で安定的な運用を期待しています。

 

銀行の定期預金金利が0.5%を切るような時代に銀行にお金を預けた所でお金は増えません。

当面使う予定の無い余裕資金がある方は一部を運用してみるのもいいかもしれませんよー

 

エポスカードの申し込み

 

GMOクリック証券の口座開設はコチラ

広告
広告
広告