dカード GOLDの10%ポイント還元についてよく質問を頂くカードマニアのクレ吉です!こんにちわー

 

ドコモの支払いが月に○万円あるのですが、dカードGOLDに加入した方がお得ですか?

↑ こんな質問をよく頂くのですが、回答としては「ケースによる」となります。

 

ドコモへの支払いが月に5万あったとしても、dカード GOLD加入で年会費の1万円を超える還元を得られるとは限りません。

 

この理由がわからずにポイント還元目的でdカード GOLDを持っている人は損しているかも!?

 

特に

  • 家族の料金合算で考えている方
  • 一人で複数契約をしている方
  • 端末を分割払いしている方
  • ドコモwithや月々サポートによる割引を受けている方

これらに該当する方は注意が必要です。

 

今回はdカード GOLDの10%ポイント還元に関する適用条件や注意事項について紹介しますので、既にdカード GOLDを利用中の方も、これから加入を検討している方も是非参考に!

合計10%の還元

まず各所でdカード GOLDは10%ポイント還元と謳われていますが、厳密に言うと合計10%還元です。

 

10%の内訳は

  • dポイントクラブ特典 1%
  • dカードGOLD特典 9%

以上を足して10%還元となります。

 

↑ポイント明細でも別に表記されています

 

dポイントクラブ特典の1%についてはdカード GOLDを保有していなくても獲得できる還元なので、ポイント還元だけで年会費の元を取る事を考えるのであれば9%還元として考えるべきでしょう。

対象となるのは通信費のみ

dカード GOLDの合計10%ポイント還元の対象となるのは通信費のみで、通信費と一緒に支払っている料金でも対象外となる費用が多数あります。

代表的な対象の料金

  • ギガホ、ギガライト料金
  • カケホーダイプラン基本料
  • 通話料(一部対象外あり)
  • iモード、SPモード利用料
  • SMS通信料
  • ユニバーサルサービス料
  • シェアパック、パケットパック、1GB追加オプション費用

このように、合計10%還元の対象となるのは基本的に通信費用のみとなっています。

代表的な対象外の料金

  • 端末代(分割払い金)
  • ドコモ払い/d払い金
  • Google PlayやApp Store、iTunes等のSPモードキャリア決済金
  • 事務手数料
  • 消費税

 

冒頭でdカード GOLDの作成で年会費を超えるポイント還元が受けられるかは「ケースによる」と書いた理由はこの対象外の費用にあります。

 

2019-06-12 10.25.26

 

↑ このようにポイント対象外となる費用があれば単純に10%還元とはなりません。

 

 

dカード GOLDの作成で得られるポイント還元を考える場合、支払いのうちポイント対象となる費用がどの程度あるのかは知っておきましょう。

割引適用分は減額される

 

ドコモwithや月々サポート(既に新規加入終了)による割引の適用を受けている方も多いと思いますが、割引分はしっかりポイント付与対象額から引かれますので注意しましょう。

特典が受けられるのはカード1枚に対して1番号のみ

これを知らずにdカード GOLDを契約している方非常に多いのですが、合計10%ポイント還元含め、dカード GOLDの特典が受けられるのはdカード GOLD1枚に対して1回線のみとなります。

 

例えば ↓ こんな家族がいたとします。

  • 父 ポイント対象通信料 8,000円
  • 妻 ポイント対象通信料 4,000円
  • 子 ポイント対象通信料 4,000円
  • 子 ポイント対象通信料 4,000円
  • 料金は父が一括払い
  • 父がdカード GOLDを作成

 

父が支払うポイント対象の通信料は計2万円ですが、合計10%ポイント還元が受けられるのは父の8,000円のみとなります。

 

父がdカード GOLDを作っただけでは妻や子の料金まで合計10%還元を受ける事はできません。

 

この場合、妻や子の回線に対して付与されるのはdポイントクラブ特典である1%のポイント還元のみ。

 

同じく、父名義で全員分を契約していたとしても、父がdカード GOLDを作成して合計10%還元を受けられるのは父の1回線のみとなります。

家族カードを発行する必要がある

合計10%ポイント還元や、ケータイ補償特典を家族全員に適用するには人数分のdカード GOLDが必要となります。

 

上の例で言うと、父が本会員でdカード GOLDを申し込むのは勿論、妻や子名義で家族カードを発行し、各回線にdカード GOLDを紐付ける事により、家族全員のポイント対象通信料2万円に対して合計10%の還元が得られます。

 

dカード GOLDの家族カードは最大3枚まで発行可能です。(1枚は無料、2枚目以降は1,000円/年)

子供が小さい場合の裏技

家族カードを発行しようにも、クレジットカードが持てない年齢のお子さんの場合はあると思います。

 

その場合は祖父母等、クレジットカードを持てる家族を利用しましょう。

 

例えば祖父名義でdカード GOLDの家族カードを発行し、子の回線に紐付ければ子の回線にも合計10%ポイント還元が適用されます。

 

いつまでも可能な技かはわかりませんが、とりあえず執筆時点では回線名義=dカード GOLDの名義である必要ではありません。

 

クレ吉も自分名義で2回線あるのですが、1回線は母の名義で家族カードを発行して紐付ける事により、2回線共に合計10%還元が受けられています。

 

家族カード
dカード GOLDの家族カードを上限の3枚発行しているカードマニアのクレ吉です!こんにちわー 2枚目以降の家族カードには別途年会費が発生しますが、18歳以上のご家族がい...

1,000円未満の端数にはポイントが付かない

dポイントの付与は1,000円あたり100ポイントとなっています。

 

そのため、例えばポイント対象の通信料が2,999円の場合、端数の999円には1ポイントも付きません。

ポイント計算は回線別

ポイント付与は回線別で行われるので、例えば

  • 夫 ポイント対象通信費 3,500円
  • 妻 ポイント対象通信費 3,500円

↑ 合計では7,000円ですが、ポイント計算は回線別に行われるので、300+300=600ポイントの付与となります。

 

 

以上が、dカード GOLDの10%ポイント還元に関する注意点です。

 

思ったより獲得ポイントが少なそうと入会を躊躇される方もいるかもしれませんが、合計10%ポイント還元はdカード GOLDの特典の一つに過ぎません。

ポイント還元以外にも目を向けましょう

dカード GOLDにはポイント還元以外にも保有のメリットは多数あります。

 

特に

  • ケータイ補償
  • 年間利用額特典
  • ポイントの使いやすさ

等は非常に魅力的なので、dカード GOLDは全ての決済を纏めるメインカードにもオススメできる一枚です。

 

「ポイント還元で年会費の元が取れるか?」 ばかりに目が行ってしまいがちですが、他の特典も考慮して入会を検討しましょう!

 

dカード GOLDの契約が3年目に突入したカードマニアのクレ吉です!こんにちわー 賛否別れるdカード GOLDですが、クレ吉が使ってきた感想としてはこれ程コストパフォーマンスの...

初年度は実質負担無しで試せる

年会費に対するリターンが気になる所ではありますが、とりあえず試してみるのもオススメですよ!

 

理由はコレ ↓

 

dカード GOLD
dカード GOLDは年会費10,800円かかったとしても初年度は年会費無料みたいなもの!? 確かに入会&キャンペーンで15,000円相当の特典があるので、元が取れるどこ...

 

年会費を遥かに上回る入会キャンペーン内容となっていますので、とりあえず試してみましょう!

 

 

以上、dカード GOLDの合計10%還元の注意点の紹介でした!

 

当サイトの専用フォームからの申込みで2,000円分ギフト券を当サイトよりプレゼント中ですので、是非ご利用ください!