夏休みという事で幼児二人を連れて函館旅行に行ってきたカードマニアのクレ吉です!こんにちわー

 

久しぶりに子連れで旅行にでかけたのですが、子連れの旅程は本当に悩ましい!!

 

~2才くらいの子連れ旅行なら大人の都合であちこち行けば良いと思います。

 

ただ、今回連れて行ったのは3才+6才の息子&甥っ子コンビ。

 

大人のように

 

  • 観光名所見学
  • 飲食
  • ショッピング
  • 温泉

 

↑ こんな感じの旅行では子供は退屈でグズる事間違いなし!!

 

 

もちろん大人も楽しみたいとは思いますが、子連れで行くなら子供をとことん楽しませたい!!

 

って事で、子供ファーストの函館旅行に行ってまいりました!

 

 

今回はクレ吉一家の函館子連れ旅行記を紹介しますので、

 

  • これから函館に旅行に行く方、そのうち行くかもしれない方
  • ポイントやマイルを貯めている方
  • 今後初めて子連れで飛行機に乗る方
  • ネットで 「函館 子連れ オススメ」 とか検索しても、行ってもいない人間が書いたであろう紹介記事ばかりが出てきてイライラしている方

 

こんな方々は参考になる事が一つくらいはあると思うので、読んでみてください~

空港への移動も楽しむ

今回は羽田発の飛行機で函館に向かいます。

 

子連れで帰りの電車はキツイので車で羽田へ。

 

 

早朝という事もあり、特に渋滞も無く到着。

 

ただ、駐車場に着いたのはクレ吉だけ。

 

その他家族はというと、流通センター駅で下ろして、たった2駅のモノレール移動!

 

ちょっと嫁は面倒そうでしたが、子供には良い思い出になったはず!

ポイントで航空券を発券

今回のフライトはJALですが、発券したのはBAマイル(British Airways)の特典航空券

BAマイル 函館航空券

使ったBAマイルは4人で往復48,000マイル+1,720円

 

通常の航空券なら、いくら安くても4人で10万円以上すると思うので、マイルでの発券はやはりお得!

JAL便の国内線特典航空券はBAマイル発券がお得

BAのマイルはSPGアメックスで貯めたポイントをBAマイルに移行しました。

SPG アメックス
SPGアメックス※利用歴2年目になるカードマニアのクレ吉です!こんにちわー このページを訪れたという事はSPGアメックスに興味がある方かと思いますが、SPGアメックスは...

 

クレ吉はJALのマイルも貯めているので、JALマイルでの発券も可能だったのですが、

JALだと必要マイルが4人で6万マイル。

 

国内線特典航空券の発券はやはりBAのマイルが有利です。

チェックイン&保安検査

他社での発券だったので、まずはJALカウンターへ搭乗券をもらいに行きました。

 

JALチェックインカウンター

 

他社での発券はちょっと心配ですが、搭乗券をもらえて一安心。

 

函館 小児 搭乗券

 

保安検査場では職員が見ている画面を子供と覗き見。

 

荷物が透けて見えるのは不思議だね~

サクララウンジへ

通常上級会員や、ビジネスクラスへの乗り継ぎでしか利用できないサクララウンジを全員で利用!

 

サクララウンジ入り口

 

全員でサクララウンジを利用できた理由はコレ ↓

 

ドコモ プラチナクーポン

 

事前にドコモのプラチナステージ会員が申し込めるサクララウンジの抽選に申し込んで当選していました!

 

1人当選すれば同伴者1名まで入れるので、今回は2人当選で4人で利用

プラチナクーポン活用しましょう!

プラチナクーポンのサクララウンジ特典は抽選なので当たるとも限りませんが、

 

  • ドコモ利用歴15年超でプラチナステージの方
  • dカードで頻繁に決済してプラチナステージの方

 

こんな方々はJAL便利用の際に是非チャレンジしてみましょう!

 

ドコモ利用者の方にはdカードオススメですよ!

dカード GOLDの契約が3年目に突入したカードマニアのクレ吉です!こんにちわー 賛否別れるdカード GOLDですが、クレ吉が使ってきた感想としてはこれ程コストパフォーマンスの...

小さい子にはキッズラウンジがオススメ

サクララウンジ内にはキッズラウンジという空間があり、遊び場やちょっとした絵本なんかがあります。

 

キッズラウンジ

 

ラウンジというと大人の空間の為、騒いでしまうような子供を連れて入るには躊躇してしまう方もいると思いますが、キッズラウンジならドアもあり、多少にぎやかでもOK!

 

北ウイングのキッズラウンジには窓が無いのと、我が家の子供達は一応おとなしく座っていられるので、利用せず。

 

 

飛行機を見ながら、おかき片手にジュースを飲んで子供達はご満悦

 

子供と飛行機に乗る際は、事前に空港で働く車の本を見せるあげると、子供も実物が見られて喜ぶのでオススメ!

 

ビール

 

オフなので早朝から飲んでおきました。

 

サクララウンジに関しては子供というよりはクレ吉が来たかったのです。

いざ、函館へ!

子連れだと優先搭乗を利用できますが、下の子が誰も居ない機内にビビりそうだったので、優先搭乗は利用せず。

 

函館行きJAL585便

機内での楽しみ

小さい子供はお土産がもらえます!

 

2019-07-22 08.01.20

 

二人共行き帰りでフォトフレームと飛行機の模型を1個ずつもらいました!

 

そしてやっぱり子供が喜ぶのがジュース!

 

「JALでしか飲めないよ!」とスカイタイム(キウイジュース)を必死に子供に勧めたのですが、子供の選択はりんごジュース。

 

 

クレ吉の必死ぶりにCAさんがちょっとくれました!こういった気遣いは嬉しいですね~

耳の痛み対策

離着陸時に子供の耳が痛くならないよう

 

  • 飴をなめさせる
  • 水をこまめに飲ませる
  • しゃべらせる

 

こんな配慮を一応しました。

 

あの痛みは大人でも耐え難いですからね。

あっという間に函館到着

着陸前に五稜郭タワーよりも高い位置からの五稜郭

 

函館の町並み

 

子供が飽きる間も無く、あっという間に函館

 

 

子供はこんなものでも大喜び

 

見ているこっちも楽しいですね!

レンタカーを借りる

移動に時間をかけたくないのと、未確定なスケジュールだったので、今回はレンタカーを手配

 

 

今回お世話になったのはバジェットレンタカー

 

選んだ理由は単純で、一番安かったから。

 

楽天トラベル レンタカー

 

3日間のレンタル費用12,000円+チャイルドシート1,080円×2で合計14,160円

 

 

せっせと貯めておいた楽天ポイントで大半を支払ったので、現地で支払ったのは僅か60円!(カードも使えましたが、さすがに現金で支払いました。)

函館市熱帯植物園

函館市熱帯植物園

 

まず最初に向かったのは函館市熱帯植物園

 

値段も安く(大人一人300円、幼児無料)、お昼までの時間を過ごすにはちょうど良い施設でした!

HAKOYAで海鮮丼ランチ

昼食は五稜郭近くのHAKOYAさん

 

居酒屋ハコヤ(HAKOYA) 食べログ

 

HAKOYA 函館

 

↑ 彩ころ丼(500円)に、ネタ大盛り(+100円)、イクラ乗せ(+150円)で計750円くらいだったかな?

 

HAKOYA 海宝丼

 

↑海宝丼(500円)、ネタ大盛り(+100円)で計600円だったかと。

 

HAKOYA 唐揚げ

 

唐揚げ100円(2個入)×2

 

HAKOYA ねぎとろ丼

 

↑ 子供がリクエストした、ねぎとろ丼(500円)

 

コスパ的には彩ころ丼と海宝丼がオススメ

 

HAKOYA

 

クレ吉は完全に運転を放棄

 

ネットの口コミのとおり、ワンコインランチのコスパは素晴らしいので、オススメですよ!

 

勝手に現金払いのみかと思い、現金払いしたのですが、後から調べたらクレジットカード可となっていました。残念。

※このブログ(クレ吉.com)はクレジットカードの話題を中心にお届けしているブログです!(PR)

子連れでの来店について

家族で座れるテーブル席もあり、子供用の食器や椅子の提供もあったので、子連れでの利用は問題無いかと思います。

 

ただ、行列ができるようなお店なので子連れや大人数で行く場合はオープン前から並んだ方が良いのと、あまり長時間子供に並ばせるのはどうかと思うので、この辺りはうまくやりたいですね。

 

我が家が訪れたのは平日11時ちょっと前(11時オープン)で、並んでいる人が~10人程。

 

開店10分後には店内は埋まったようで、外には行列ができていました。

五稜郭はパス

五稜郭は函館の観光名所でもあり、昼食を食べたHAKOYAのすぐ横ですが、今回は見学無し。

 

幼児が行って楽しい所でも無い気がするので。

 

五稜郭タワーはちょっと子供も喜ぶかもしれませんが、大人2人で1,800円はちょっと払えないっす。

 

登った所で子供は速攻飽きるでしょうし。

函館公園

函館公園

 

本当は函館山に行こうと思っていたのですが、天気が微妙なので函館公園へ。

函館公園こどもの国

函館公園こどもの国

 

日本最古の観覧車がある函館公園こどもの国

 

ここがオススメできる理由は何より空いている事と、殆どの乗り物に幼児が乗れる事。

 

ディズニーランドなんかを知っている小学校高学年~の子供にはちょっと退屈かもしれませんが、幼児が乗れる物が多数ある遊園地は結構貴重かも!?

地味にお金がかかる

乗り物系は1回1人300円(8枚綴で2,000円)と、高くは無いと思うのですが、空いている園内で兄弟で次々楽しむと結構な金額になりますのでご注意を!

 

我が家では普段ゲームセンターにあるような、お金を入れて動く遊具なんかは一切やらせないので、今回くらいはと好きに遊ばせたのですが・・・

 

2時間程度の滞在で8,000円

 

こどもの国は現金のみで、カードや電子マネーの類はつかえず。

 

今回の旅で最大の現金による支払いだったカモ。

動物園

こどもの国のすぐ隣には小さな動物園があるのですが、ありがたいことに入園無料!

 

 

大きな動物園も良いですが、空いていて移動も少ない小さな動物園は幼児連れにはありがたいですね~

ラビスタ函館ベイに宿泊

17時30分に夕食の予約をしていたので、ホテルへ向かいます。

 

ラビスタ函館ベイ

 

ホテルは朝食で有名なラビスタ函館ベイの格安プランをdトラベルで予約

 

年間ご利用特典をdトラベルで利用

 

24,000円の宿泊費がdカード GOLDのクーポンで13,200円!

 

dカードGOLDの年間利用特典
年間通しての決済合計額を意識してdカード GOLDを使っているカードマニアのクレ吉です!こんにちわー dカード GOLDと言えば 通信料金の合計10%ポ...

 

残りを更にdポイントで支払って0円!!

 

だと嬉しかったのですが・・・

 

添い寝の幼児でも施設利用料が必要との事で、現地で子供一人あたり2,000円の支払い。

 

まぁ、仕方ないとは思いますが、この辺りは子連れに優しくないですね。

スタンダードルームに宿泊

今回宿泊したのはスタンダードツイン

 

 

この部屋を選んだ理由は価格もありますが、2つのマットレスをくっつければ大きなベッドになるので、添い寝がしやすいというのも決めての一つでした。

 

幼児連れの身としては和室があると嬉しいのですが、最近のホテルには殆ど無いのが残念ですね。

温泉へ

ホテルでの楽しみの一つ温泉へ。

 

ラビスタ函館 温泉

 

ゆっくり浸かりたい所ですが、子供がいるので手短に。

 

釜風呂等を一通り楽しんで次のお楽しみへ。

 

無料のアイス

 

風呂上がりの無料のアイス

 

買ってあげたアイスは記憶に残りませんが、「お風呂出た所に無料のアイスがある」という記憶は結構残るかも?!

初日の夕食はジンギスカン

夕食はホテル目の前のジンギスカン羊羊亭へ

 

羊羊亭 食べログ

 

 

ホテル目の前なので、移動時間がほぼゼロというあたりが子連れに良いですね。

 

ただ、昔と比べてかなり高くなったような・・・

 

 

昔は生ラム800円代、食べ放題2千円代だった気がしますが・・・

 

羊羊亭支払い

 

昼食べ過ぎた事もあり、軽く食べたつもりなのですが、思ったよりかかりました。

 

 

この日は朝早かった事もあり、夕食後早めの就寝

朝食

全員で朝風呂を楽しんでから朝食会場へ。

 

ラビスタ函館の朝食はトリップアドバイザーの朝食の美味しいホテルランキングで常に上位をキープ!

 

ラビスタ函館 朝食

 

何度も来ていると感動は薄れては来ますが、やはり朝から生の魚介、地の食材を使った料理、凝ったスイーツが食べられるのは良いですね!

 

子供達も色々食べて楽しんでいました!

チェックアウト

ラビスタ泊は1日だけなので、チェックアウトします。

 

今回は格安プランなので、チェックアウトは9時

 

 

幼児2人の施設利用料+駐車場料金で4,500円の精算

 

宿泊代と合わせて計28,500円

※チェックアウトの早い格安プラン

 

500円の駐車場代金は出し入れ自由な事を考えれば納得の料金ですが・・

 

ちょっと高いかも。

金森赤レンガ倉庫へ

函館山に登りたいのに、この日も天気が悪い・・・

 

次にやりたい事まで時間があったので、ホテル隣の金森赤レンガ倉庫をちょっと覗いてみることに。

 

 

 

こんな感じで2時間ほど過ごさせてもらいましたが、子供はちょっと退屈だったかも。ここは反省。

市電に乗車!

前日から子供が乗りたがっていた市電に乗りに行くことに!

 

函館市電

 

現金かとおもいきや、普通にSuicaで乗れました。

 

Suica払いは少額でも確実に1.5%還元が得られるので地味に嬉しい!

 

函館駅前までの僅か2駅の移動でしたが、子供も満足!

函館朝市でイカ釣り体験

休日ともなれば朝六時から人が並ぶとか!?

 

函館イカ釣り体験

 

この日は平日だったので、10分程度の待ちで入れました!

 

イカ釣りの値段は時価で、この日は1杯800円。(現金払いのみ)

 

函館 イカ釣り

 

子供達が1匹ずつ釣って、釣ったイカはその場でお刺身にしてもらいます!

 

 

隣で売っていたホタテ焼き(500円)も追加

 

ビールとホタテはpaypay使えた!

 

 

普通にお土産用?な感じで売っていた毛ガニ

 

子供が食べてみたいと言うので、聞いてみたら調理してくれました!(2,000円)

 

お腹は満たされていませんが、市場を後に次へ向かいます。

函館駅へ

函館駅 H5

 

「本物は東京駅で見ようね」って事でH5の写真の前で記念撮影

 

電車好きの子供達なので、時間があれば新函館北斗駅まで行ってH5見るなんて考えもありましたが・・・

 

半日潰れてしまうので今回は無し。

巨大いか煎餅

函館駅に来た理由は ↓ コレ

 

いか煎餅

 

函館いか煎屋 函館駅店

 

目の前でイカをプレスして作ってくれる巨大ないか煎餅(400円)

 

函館駅のいか煎餅

 

味はたいした事ありませんが、目の前で作ってくれ、作りたてが食べられるので、子供も楽しめますよ!

 

ちなみに一緒にホタテの煎餅も買いましたが、ホタテ率すっごい少ないのでオススメできません!

夕食の調達へ

この日はホテルの部屋で夕食を取る予定だったので、車で食料調達へ

 

 

まずは偶然見つけた魚屋さんで刺身類の調達!

 

和田鮮魚店

 

刺身用に捌いてくれたり、氷をくれたりと非常に親切でした!!

 

貝類数種、ひらめ、大トロゲット!

 

函館 魚長

 

続いて地元スーパーの魚長

 

地の食材を探しに行きましたが、魚以外だとそんな無いですよね。

 

普通にお惣菜を買ってきました。

 

セイコーマート

 

最後は変わった物が期待できそうなセイコーマートへ!

 

オリジナルのジュースと、北海道のお菓子を調達

函館国際ホテルにチェックイン

函館国際ホテル

 

以前は温泉が無かったので敬遠していましたが、リニューアルに伴い温泉が新設されたので泊まってみました!

デラックスファミリールームに宿泊

二日目は部屋食でのんびりしたいと考えていたので、広めのデラックスファミリールームを予約!

 

函館国際ホテルデラックスファミリールーム

 

ベッドガードは事前にリクエストしてつけておいてもらいました!

予約は楽天トラベル

楽天ポイントもせっせと貯めていたので、楽天トラベルで予約

 

 

28,800円の宿泊費が偶然配布されていた楽天トラベルのクーポン利用で26,800円

 

ラビスタ函館ベイ ポイント宿泊

 

更に残りを楽天ポイントで支払って0円!!

 

と思いきや、こちらは入湯税(大人150円)が別途発生します。

温泉へ

食事の前にお風呂へ

 

函館国際ホテル 温泉

 

2018年のリニューアル時にできた最上階の汐見の湯

 

結構熱めのお湯で、子供は入れず。

 

函館国際ホテル 温泉 アイス

 

函館国際ホテルもアイスの無料サービス有り!

 

子供には嬉しいですね~

夕食

 

子連れの外食は慌ただしく、ゆっくりお酒なんて飲めませんが、部屋食は本当に楽!

 

  • 移動なし
  • 待ち時間なし
  • 子供をお手洗いに連れて行くのも楽
  • 多少騒いだ所で大丈夫(ホテルなので限度はあります)
  • 早々に食べ終わって退屈な子供にグズられる心配無し
  • 眠い子はその場で寝かせられる
  • 安上がり(買うものにもよる。今回は6千円くらい?)

 

外食より食事のグレードは落ちますが、子連れには部屋食オススメですよ!

※散らかさないように、汚さないように、ごみ処理迷惑かけないような配慮は忘れずに。

 

嫁子供は20時前、クレ吉も22時頃には就寝して2日目終了!

3日目 朝食

この日も全員朝からお風呂!

 

やっぱり熱くて子供は入れませんでしたが、風呂上がりのアイスでご満悦!

 

函館国際ホテルの朝食

 

個人的にはラビスタ函館ベイより函館国際ホテルの朝食の方が満足度は高かったです。

 

子供はどっちでも喜ぶと思いますよー

チェックアウト

 

チェックアウトは11時でしたが、午前中にホテルに戻ってこれそうも無いのでチェックアウト

 

精算は入湯税(150円×大人2人)+駐車場(800円)で計1,100円

 

 

還元率的にはカード決済なのですが、キャンペーンで付与された残高があったのでpaypay払い

 

ポイントやマイルの支払いは精神的負担が少なくて嬉しい!

 

特に旅行のように出費がかさむ時にはありがたいので、こういう時の為にクレ吉は日々せっせとポイント貯めていますよ!

遂に函館山へ

初日、二日目と函館山には雲がかかっていましたが、最終日にして遂に頂上が見えた!

 

函館山

 

コンビニでおやつを買って、函館山へ出発!!

 

 

ロープウェイに乗って降りてくるだけでも子供は喜びますが、我が家はちょっと違った楽しみ方をします

徒歩で函館山に登る

ロープウェイ乗り場の横に車を停めて、山頂まで歩いて登ります!

 

 

↑ 目指すはあそこ。

 

最初は足取りも重く、なかなか進みませんでしたが・・・

 

 

昆虫見つけたり、おやつ休憩したりしながら3時間で頂上到着!!

 

 

頂上手前の階段から頂上にかけては丸々太ったニホントカゲがたくさん!

 

昆虫好きの子供達は30分くらいトカゲと戯れていました!

ロープウェイで下山

みんなで景色を見ながらソフトクリームを食べてから下山

 

函館山からの景色

 

函館山というと夜景で有名ですが、日中だって良い眺めですよ!

 

 

函館山ロープウェイの往復運賃は1,280円ですが、片道だったので運賃は780円(幼児無料)

 

差額は-500円

 

 

ソフトクリームは500円

 

片道歩くとソフトクリーム代が浮く上に思い出も増えますよ!!

 

函館山は売店もロープウェイも交通系電子マネーが使えました!

 

 

ソフトクリーム後に再度トカゲと戯れてロープウェイで下山

 

ロープウェイだと片道たったの3分!!

谷地頭温泉へ

汗を流しに温泉に行くことに

 

谷地頭温泉

 

谷地頭温泉 函館市公式観光情報

 

 

料金はおとな420円、子供140円、幼児70円

 

良心的価格でありがたい!!

ラッキーピエロへ

小腹が空いていたので、外観を見て子供が行きたがっていたラッキーピエロへ

 

ラッキーピエロ

 

写真はベイエリアのマリーナ末広店ですが、行ったのは駐車場があった十字街銀座店

 

ラッキーピエロ 公式

 

チャイニーズチキンバーガー

 

大きくて食べごたえのあるチャイニーズチキンバーガー(350円)

 

完全に飲む気で行ったのに、この店舗にはビールが無かった。。

 

 

paypay払いで約3%還元!!

空港へ

フライトが19:35なのでぼちぼち空港方面へ

 

途中マックスバリュとイオンに寄り道

 

 

↑ 帰ってから食べる為にイロイロ購入

子供大泣き

そろそろ旅が終わってしまうと察した下の子が 「北海道から帰りたくない」 と泣き始め、上の子も一緒になって大泣き。。

 

スーパー店内でちょっと恥ずかしかったけど、帰りたくないくらいに楽しい旅行だったようで良かった!

レンタカー返却

 

コンパクトカーだった事や、移動距離も少なかった事もあり、3日間のガソリン代はたったの1,067円!

 

たった4Pでしたが、このTポイントもいつかは役に立つはず!!

空港到着

函館空港

 

フライト1時間までに空港到着

 

小さな空港なので1時間前でも十分過ぎるくらいですね。

空港でお土産

空港2階でお土産

 

blue sky

 

様々なお土産屋や売店がありますが、クレ吉が利用したのはBLUE SKY

 

blue sky JALカード提示で5%オフ

 

↑ 理由はコレ。

 

JALカード会員ならBLUE SKYの利用時

 

  • JALカード提示で5%オフ
  • JALカード決済でマイル2倍

 

こんな特典があるから。

 

 

今回はJALカード提示で5%オフ&dポイント払いで0円!!

ラウンジへ

せっかくなので函館空港のラウンジを覗き見

 

函館空港ラウンジ A Spring

 

このラウンジは提携しているゴールドカード等と、当日の搭乗券の提示で利用できます。

 

 

昔から変わりませんが、結構広くて快適かと思います。

 

子供を連れて行くような場所でもないので、さらっと見学して終わり。

19:35発JAL588便で羽田へ

 

あっという間に2泊3日の函館滞在も終わり。

 

子供達は帰りの飛行機も楽しみにしていましたが、山登りの疲れもあるので、機内で寝るかな~

 

・・・と思いましたが、寝なかった。

羽田到着

到着ゲートで幼児用カートの受け取り。

 

 

函館便の到着は北ウイングの一番端。

 

さすがに2人に寝られて荷物+子供を抱えて歩くのはきついので、到着ゲートに幼児用カートの準備をお願いしておきました。

 

100%用意してもらえる訳ではありませんが、子連れの方にオススメのサービスですよ!

駐車場の精算

羽田 駐車場 料金

 

3日間で6,300円。

 

子連れで電車の苦労を考えれば6,300円払ってでも車ではあるのですが。。

 

駐車場代に6,300円はちょっと痛い。

 

suica払いが使えたので、次回はsuicaで貯めたポイントを使おう。

 

 

以上で子連れの函館旅行はおしまい!

今回の旅行費用総額

レシートや明細なんかで確認できるものだけ。

 

多少漏れはありますが、9割以上は把握できています。

 

高速 620 行き
航空券 100,000 概算。安く見積もって。
ホテル 28,500 初日 ラビスタ函館ベイ
ホテル 27,100 2日目 函館国際
レンタカー 14,160
熱帯植物園 600
箱屋 2,600 初日昼食
函館公園 8,000 こどもの国
羊羊亭 8,920 初日夕食
製作体験 4,158 金森赤レンガ倉庫
イカ釣り 1,600
函館朝市 3,600 2日目昼食
イカ煎餅 600
和田鮮魚店 3,740 2日目夕食
スーパー魚長 2,148 2日目夕食
セイコーマート 747
ローソン 661
函館山 2,806
谷地頭温泉 980
ラッキーピエロ 1,588
イオン 794
ガソリン 1,067 レンタカー
お土産 5,335
駐車場 6,300
226,624

 

航空券を安く見積もって10万としても、一部抜けている物もあるので、今回の2泊3日の函館旅行の費用は約23万円相当!!

 

現金で行けと言われたらちょっと気が重いかも。

 

世の中のお父さん方凄いっすわ~

半分以上をポイントで賄う

今回の旅行では日々貯めているポイントを思いっきり使ったので、実際の出費は6万円程度!!

 

ポイントやマイルのおかげで、お財布的にも精神的にも助かりました!

旅行の為にポイントを貯めよう!

今回のクレ吉のように、ポイントを使って旅費の負担を減らしたい方は、旅行に使えるポイントを貯めましょう!

 

  • 航空会社マイル(航空券)
  • 楽天ポイント(楽天トラベル)
  • dポイント(dトラベル)
  • Tポイント(ヤフートラベル)
  • Pontaポイント(じゃらん)

 

これらのポイントは旅行の際の移動や宿泊に使えます。

 

特に理由も無く還元率1%以下のクレジットカードを利用している方は、この機会に見直しをオススメしますよ!!

 

 

以上!

 

最後はやはりカードの話題となりましたが、子連れで行く函館旅行記でした!